2005年02月22日

名馬の配合(1)ジイチャンノカタキ(蒲髢リ暴れ馬本舗厩舎)

DOCOにおいて、大レースに勝利する上で配合の重要性はどれほどを占めるだろうか。おそらく多くのユーザはこう考えていると思う。血統がすべてであり、調教や騎乗はそれを補う程度のものにすぎない、と。確かに、騎乗の巧拙はあり、エサや調教の違いによる表パラの違いはあり、蹄鉄による底上げは可能である。しかし、それでもなお、二流馬は一流馬を超えられない。この世界において持てる素質の差は2頭の馬を峻別する。強いものと、そうでないものとに。

それでは、強い馬と弱い馬とを分かつものは、いったい何なのだろうか。私たちの前に、手がかりとして残されているのは、設計図としての血統表とどれほどの重みを持つのか定かでない表パラと、結果としての戦績である。ここでは特に、結果を残した馬たちの血統表を概観することで、名馬生産への手がかりを探っていきたい。

続きを読む
posted by 衰弱堂 at 03:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 配合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。