2013年05月03日

先行不安

平日にちびちびプレイを続け、今日は本を読みつつDOC三昧。

代重ねもようやく3代目に到達し、徐々に自分好みのパラがわかってきたような気がする今日このごろ。

今のところ、ほぼ全馬を差しで馬群突破優先で育てています。だんだんとレース画面の情報も頭に入るようになってきたようで打ち方も少しずつ変わっている模様。

スタート即4発から、ゲートの出を見てゆっくり黄押しをタイミング押し。位置取りを見て3〜6発程度叩くと、馬によっては中団前目で楽に追走できる模様。ただ、レースの格なのか距離適性なのか、いい位置に付けてその後も黄押しで位置をキープしようとしてもギアがバックに入ったかというくらいぐーっと最後方まで下がる馬がいるんですよねえ。

で、問題が先行。

差しで成長させているときにスタートが上がりすぎて先行に脚質転換してしまうことがあるんですが、勝てないんですよねえ、これが。先行の伸びる場所がどうもよくわからない。前を捉えきれないか、直線でスタミナ切れて差し切られるか。うーん。

3代目の一頭目、オルタジャックがようやく20戦を突破し勝負の季節。馬総合力の割に重賞路線で取りこぼしが多かったのですが、成長しきったということで秋華賞に挑戦。

オルタジャック1


直線の叩き合いをクビ差制して、これが厩舎秋華賞初勝利。続いて桜花賞に出走。

オルタジャック2

堂々の一番人気で出走であります。これが600戦目。

オルタジャック3

なかなかに分厚い印。

ゲートが開いて、タイミング黄押し3発で中団前目に楽に付け、道中しっかり馬群で待機。白線から追い出して800mあたりで手応えがあるので赤ムチでゴーサイン。鞍上の仕掛けに応えてぐっと伸びるオルタジャック号。

オルタジャック4

マイレコードを更新。

オルタジャック5

2着に4馬身差の快勝。次戦はオークスで牝馬三冠を狙う模様です。

オルタジャック号の父ジャックヘルツ(2代LE、芝SP、パラ×◎×○◎◎)はニュージーランドトロフィーを圧勝して期待されながらGI未勝利。母リベルテジャック(2代LE、芝BL、パラ△◎○△◎△)は3000mで届かず、2000mで脚を余して負ける残念な馬。

posted by 衰弱堂 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | DOC for Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/358581876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。