2013年04月22日

みたびの皐月

金にものを言わせて強引に勝ちにいっているのになかなか勝てない衰弱堂。お前はフサイチか。

伊藤雄二師なら、きっとこう言うだろう。

「ジャック君はね、昔はああじゃなかったんですよ。コツコツと、鉄鉱石を掘ったりしていたんです。離れ小島の小さい家に暮らしてね。今はお金を持ってしまったから、きっと何かを忘れてしまったんじゃないでしょうか。まあ、でも根はいい子なんです。まだ変われると思うんですよ」( 鶴木遵「ツルハシのない競馬を教えよう−調教師伊藤雄二」)

いやいや、なんか長々とそれらしいことを書いているけど、伊藤先生は衰弱堂なんて知らないだろ。笑い。

さて、ジャックフランドルがGIまでたどり着きながら出走を果たせぬまま引退勧告をくらって繁殖入りした後、我が衰弱堂厩舎のエース格として君臨するのは、くそ高いカードを買い込んで生産されたワイルドジャック号。ちなみにジャックが後ろに来るのは牝馬です。なんか、牝馬ばっかり生まれて、DOCO時代の暗澹たる気分が蘇りそうな今日このごろ。

ウマオの穴で鍛えられ、順調にステップアップするも、GUで惜敗続きのエース。馬総合力は我が厩舎の中では高いのに、なぜか勝ち切れない。距離適性を見るべく出走したマイル戦は惨敗、2500mのアルゼンチン共和国杯は微妙に伸びず。これは中距離だろうということで1800m〜2400mに狙いを定め神戸新聞杯をようやく勝ち抜けると、昇格戦のセントライト記念も連勝。

次が30戦目。これはそろそろ肩を叩かれる時期。有終の美を飾るべく、GTに狙いを定めレースを待つ。中距離GIとなると……秋華賞あたりか。このゲーム、絶対3歳戦の方が相手弱いし。

出ました、皐月賞。しばし逡巡。

いくか……。DOCOでも皐月賞は2勝してる。きっと相性がいいはずだ。ほんとかよ。

皐月賞1

フレンドレコードはくろねこ師が持つ1'55"97。あれ、中山2000mのレコードがない。そういえば弥生賞とか見かけた記憶がないなあ。

いざ、出陣。

ワイルドジャック号、入場。

皐月賞2

最初に登場、8番人気。初GTとしてはまずまず、なのかな?

皐月賞3

−−○−−

……。印は薄い。しかし鞍上のハートは熱い。「内でも外でも馬群を割る力があるので問題ない」とは戦前の陣営談。

皐月賞5

皐月賞、中山芝2000m、GT。このレース、狙って取りにいっているのでスクリーンショットも多い。

sprz_4.png

スターターが台に上がり、いよいよ発走。

ゲートが開いて、まずは黄ボタン4発。中団前目の好発。じりじりと下がるところ、ゲージ戻りを待たずに黄ボタン2連を入れて中団後方をキープ。

白線を黄ボタンのタイミング押しでじわじわ押し上げ、残り750mあたりから赤ムチで仕掛け。2連打をはさみつつタイミング押しを入れると、ぐいぐいと伸びるワイルドジャック。

直線400mあたりで先頭に踊り出ると、残りゲージを見ながらゆるいタイミング押し。後方から他プレーヤー馬が追いすがる。200mを切ったあたりで赤ムチ連打連打連打。

皐月賞6

勝ち時計は1'58"24。鮮やかなる勝利。鞍上はこれが初GT制覇、涙をこらえスタンドに向け高らかに左腕を突き上げる。

皐月賞7

2着に2馬身1/2の差をつけ、文句なしの勝利で、大器はついに戴冠した。

皐月賞8

ん、なんか出たぞ……。

皐月賞9

やっと一人前のオーナーになりました。キリッ。

皐月賞10

厩舎に戻ってきたGTホース。「獅子心商店の蒲焼きが食べたいヒン!」とは言っていないようです。

皐月賞11

ということで、ワイルドジャック号、30戦目のGI制覇。ワイルドだろう? いや、わかんないけど。

父ワイルドラッシュ(ニアークティック系)、母シェンク(ミスタープロスペクター系)はともに金かけて引いたカード。あと何戦できるのかよくわかりませんが、次は秋華賞を目指すとのことです。

最後に恒例の。

谷田ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

posted by 衰弱堂 at 03:42| Comment(3) | TrackBack(0) | DOC for Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいマジかよ早いって
自分、1番人気でG2も勝てないんだけど orz

まぁそのうち追い抜いてやるとして
今日の所は、おめ ^^
Posted by バレー at 2013年04月22日 11:24
「バレー君はね、このゲームのためにタブレットを買ったそうですよ。そうした心構えによって、成長の薄皮が一枚ずつはがれていくんですよ。あのね、今はまだ、大きなところで勝てていませんけれど、こういう子がいずれ上に行くんです」( 鶴木遵「ツルハシのない競馬を教えよう−調教師伊藤雄二の確かな目」)
Posted by 衰弱堂 at 2013年04月23日 01:00
谷田ああああああああああああああああああああ

衰弱さんには、この言葉を送らずにはいられない。
自分は、プレイ出来る環境はあるものの、今は生活が急変して色々と忙しい為、ゲームをプレイするとどっぷりしてしまうのでやりたい気持ちを抑えているですよ。

DOCOやまゆり時代のサークルメンバーとも会えたようで、最近のじゃっくは楽しそうだなぁと感じました。

ちなみに僕は、かばやきよりタタキが食べたいですヒン
代価は銅で!
Posted by よっちゃん at 2013年04月23日 15:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。