2013年04月21日

仕掛けの模索(2)

スズやん師の通信教育のおかげでだいぶ戦績が上がってきた気がする今日この頃。相変わらず取りこぼしてはいるのですが、仕掛けて届かず惨敗、というのが減ってきた気がします。まあ、勝ち星のほとんどはウマオが稼いでいるわけですが。笑い。

早仕掛けすぎて、ゴール前に追い込み馬の一伸びをしのぎきれずに惜敗、みたいなレースは、まあそれはそれで悔しいわけですが、よくわからないのが追い込み馬で他馬と同じように道中しごいても追走できず、仕掛けどころから上がっても馬群を抜け出せずにそのままフィニッシュする駄馬。

どういうときにこれが出るのか、いまいちはっきりしていないので、ご存じの方がいたら教えていただきたいのですが、おそらくは、

・レースの格が上がって相対的に力不足
・出走レースの距離が馬の距離適性とあっていない
・仕掛けどころが早すぎる/遅すぎる
・♪駄馬〜生まれたよ〜

あたりなのかなあと。

※追記
おすすめレースが長距離ばかりなので、長距離馬だと思っていた、上に書いた駄馬。見限って早めに引退したら……芝スピードと出ましたorz

いちおう今の打ち方(差し・追込)はだいたい、スズやん師の指導通りで打って、レース中にテンパッて受けた指導がわからなくなり適当に打つ感じになっています。

短距離はあまりに短すぎてよくわからないので1800m〜2200mあたりの感覚だと

・出ムチは黄4発(先行馬7発打ちで一度だけスタートダッシュ出ました)
・差しはこれで好位追走してくれるんだけれど、追い込みは後ろ目からのスタート。どちらも二番手集団が動いたあたりでもう一度黄ボタン4発で追走。
・ゲージフルで黄ボタン2連打→戻り打ち。手応えによっては3連打→戻り打ち。
・白線で黄ボタンをタイミング押し、手応えがいいとこれで先行集団まで押しあがる。
・少し遅めの750mからムチに切り替えタイミング押し、時々連打。
・200mあたりで先頭。で、ここで追い込み勢がスルスル上がってくることがあって、仕掛けを遅らせて残したゲージが生きてくる感じ。打ち切らない程度にムチ怒濤の連打で逃げ込み。ゴール前打ち切り。

で、前述の駄馬は出ムチで反応せず最後方、道中押し上げても後方3番手くらいどまりで、レース後半の黄ボタンの反応がずぶくて、900m〜700mあたりの仕掛けどころでも伸びず中団の馬群の中でフィニッシュ、という感じ。あまり印の厚さや馬群パラと関係なくそういう走りになる気がするので、やっぱり距離適性なんだろうか。

距離適性に関しては確か一頭、マイル戦登録時に「距離克服がカギ」みたいなコメントが出た馬がいる(そのレースは勝てた)ので、コメントで識別できるのかなあ。

GV以上のレース選択は、3歳限定・牝馬限定が古馬混合戦より勝ちやすい感じです。

最近の馬たちのパラはこんな感じです。

ブラックジャック号。ダート先行短距離馬。セガ1000mで自己レコードを連発しながら惜敗続き。


チープジャック号。名前はチープだけど金かかってる……。


ワイルドジャック号。ウマの穴帰りでいきなり活躍、陣営の期待は高い。


中山牝馬ステークスを快勝。



スクリーンショットをアップするのが面倒なので、前回あたりからSeesaaブログのAndroidアプリを使って記事を書くようになりました。アルバムから選択した画像を自動でアップしてくれます。今回はUSB接続のキーボードをタブレットに接続して書きました。

非公開で投稿して、PCでSeesaaの記事一覧から画像サイズを修正したりして公開しています。しかし、画像が小さすぎて、伸ばしてもつぶれるなあ。昨日の2枚アップした記事だとつぶれていないのに、なんなんだろうか。Dropboxにアップして普通に書いた方がよさそうだ。

posted by 衰弱堂 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | DOC for Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。