2006年10月03日

最高の一頭

2006年9月30日、夜。

最後の時


22:00の終了時間を控え、なんとかログインする機会に恵まれた我らが衰弱堂サークル(仮名)の面々は、メンバーにとってゆかりの深いオーナーズアイランドサテライトS4(通称、4島)で最後の時を迎えました。

衰弱堂厩舎


思えば2004年12月20日にこの地に厩舎を開設し、獅子心さん、ライトさん、故ねこみみさんに声をかけたところから、このサークルは細々と立ち上がりました。4島からはじまった出会いに、感謝。

その後も空いた土地をまーるさん、東海帝王さん、プログレスさん、にしのさん、九尾狐さんらのメンバーが押さえ、すっかり地上げ屋集団と課した我ら。笑い。結局獅子心さん、ライトさん、衰弱堂の3人は引越しする機会にも恵まれず最初の土地でこの日を迎える羽目になりましたが。

22時をまわり、1分……5分……一向に終わる気配を見せぬ世界。そして、ひとり、またひとり、ゆっくりと消え、やがてやまゆりの衰弱堂がゆっくりとネットワークの彼方で、眠りにつきました。

最後の週末、あいにくPCのトラブルでサウンドが死にOSの再インストールを強いられ、たった1日のためにDOCOを入れなおす羽目になったため思うようにレースに出ることもままならなかったものの、まあそれもなんだかこれまでの『駄馬を巡る日常』の締めくくりにふさわしいようにも思え、何度目かのDOCO再インストールを経てぼくはその瞬間にたどりついたのでした。

駄馬を巡る日常は、ときに愉快で、ときに歯がゆく、多くは、書く気にもならぬようなそれでした。そんな中でも、数少ない僥倖をものにしてGIを制した愛馬たち。その中でも、最高の一頭を紹介します。

続きを読む
posted by 衰弱堂 at 09:47| Comment(7) | TrackBack(0) | 衰弱堂厩舎の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。